Blog ブログ

恵那のお土産 日記  2018.6.6

岐阜県恵那市ならではのお土産といえばなんでしょう。

地元で育ったマチノがぱっと思いつくのは、やっぱり銘菓「栗きんとん」。

山岡町の「細寒天」や笠置町の「柚子商品」もオススメです。

 

そして、恵那市に来たらぜひ食べてほしいのが、「五平餅」や「ハヤシライス」です。

鮭やアサリを乗せたお寿司を朴の葉で包んだ「朴葉寿司」も、朴の葉の香りが爽やかでとても美味しいですよ!

 

 

さて、そんな恵那市に新しい名物を作ろうと

恵那市のNPO法人えなここが「えなお土産プロジェクト」を始動しました。

 

今回ご紹介するのは、恵那市のご当地サイダー。

その名も「恵那山麓サイダー」です!

 

 

 

 

まずはこのサイダーができた経緯をお話しします。

地元の特産品を作ろう、という一言から始まった「えなお土産プロジェクト」。

 

恵那市といえば、地元のシンボルでもある恵那山。

その恵那山の麓に広がる豊かな森から湧き出た水は「福寿の清水」と呼ばれ、

飲みやすくて美味しい軟水が密かな人気を呼んでいて多くの人が汲みに来ます。

 

その綺麗な天然水を使ったお土産をと考えた時、

シンプルに水の味を楽しめるサイダーがいいのでは、という話になりました。

 

そうして「福寿の清水」を使ったご当地サイダーが誕生したのです。

ネーミングも恵那山の名を頂き「恵那山麓サイダー」としました。

 

 

 

 

ラベルは、恵那の山と湧き水を水色の線や柄で表現。

暑い日でも涼しく感じられる爽やかなデザインにしています。

 

「福寿の清水」はとてもまろやかな味わいの水。

その水を使った「恵那山麓サイダー」も

炭酸が苦手な方やお子様でも飲みやすい

優しくてすっきりとした味わいです。

 

 

この「恵那山麓サイダー」は、恵那市の物産館や飲食店などで販売しています。

販売場所のお問い合わせはNPO法人えなここ(0573-22-9111)まで。

 

 

「半分、青い。」のロケ地、岩村に訪れたら

「恵那山麓サイダー」をぜひご賞味くださいね。

 

また、このサイダーはオンラインストアでも販売しています。

おへそストアー

 

 

このサイトには「えなお土産プロジェクト」で開発した

ユニークな商品が他にもありますので

ぜひぜひお試しください♪

一覧へ戻る

PAGE TOP