Blog ブログ

おへそストアー in 岩村 日記  2018.7.27

ここのところ猛暑日が続いてますね。
わたしの部屋はエアコンがないので、窓を全開にしていても大体35度前後。
会社の方が涼しくて天国なので帰りたくないマチノです_(‘、3_ヽ)_

 

 

さて、暑い街といえば岐阜県多治見市がよく話題に上りますが
先日、岐阜県美濃市も40度を超えたようです。
東美濃に属する恵那市でも連日35度超え。
そんな中、山間にある岩村町は比較的涼しいと言われています。

 

 

岩村町は「半分、青い。」のロケ地となったことで有名ですね。
その岩村の城下町に、
恵那山の麓にあるいいものを厳選して販売している通販サイト
『おへそストアー』が特別に出店しています!

 

 

 

 

 

おへそストアーとは

「NPO法人えなここ」が運営している、地域密着型の通販サイト。

「ゼロワンカンパニー」が店内のデザインや販売をプロデュースしています。

恵那山の麓で育まれてきた自然の恵みを、作り手の想いと共にお届けします。

 

 

NPO法人えなこことは

ワクワクするローカルライフを発信する田舎体験ウェブマガジン「おへマガ」の作成や

通販サイト「おへそストアー」の運営など

恵那市や中津川市を中心とした恵那山麓の魅力を伝えるべく、

さまざまな取り組みをしている非営利団体。

 

 

 

 

 

商品は約120種類。

そのすべてが恵那市や中津川市で取れた自然の恵みなんです。

それぞれ個性があって、眺めているだけでも楽しいですよ♪

通販サイトの「おへそストアー」には掲載していない商品もたくさんあります。

 

 

 

イチオシ商品は「無漂白細寒天」。

恵那市山岡町は昼夜の寒暖差が大きく、雨や雪が少ないため、細寒天の名産地として名を馳せています。

和菓子屋さんが羊羹などの材料として、この細寒天を使っているそうですよ!

 

ところで寒天の作り方、みなさんはご存知ですか?

山岡の寒天は、天草という海藻と水だけで作られています。

 

まず初めに天草を茹でて、煮出した汁を細長い型に入れて固めます。

固まったら、細い棒状にします(これがいわゆる、ところてんです)

そのところてんを乾燥させたものが寒天です。

 

 

寒天は食物繊維が豊富で、健康にもいいとされています。

ヘルシーで美味しく、ダイエット食品としても期待が高まっているとか。

サラダに入れたり、デザートにアレンジしたりと、

色んな食べ方ができるのも寒天の魅力ですね。

 

ちなみに「おへそストアー」オススメの食べ方は、

この山岡の細寒天を水で戻して、

マルコ醸造のところてん酢をかけるだけ!

さっぱりとした酸味が食欲を誘います。

 

 

 

もうひとつのオススメ商品は、恵那山麓サイダー。

以前の記事でもご紹介しましたが、

この「おへそストアー」でも販売しています!

 

 

 

 

暑い日にぴったり、優しい味わいのサイダーです。

 

他にもまだまだオススメ商品がたくさんありますので

岩村に立ち寄ることがあれば、ぜひおへそストアーを覗いてくださいね!

一覧へ戻る

PAGE TOP